これだけは知っておきたい!医療保険・がん保険の選び方

こんにちは、木村久美です。オフ会などでこういった質問を受けることがあります。

「医療保険やがん保険ってどう選んだらいいんですか?」

たくさんの保険商品がありますし、どこまで保障をつけたらよいのか、迷ってしまいますよね。

どのように保険を選んだらよいのか?

まずは、保険に加入する前に、公的保障を確認しておきましょう。^^

公的保障に、高額療養費医療制度、というものがあります。

医療費が高額になった時に、一定の自己負担額を超えた分が払い戻される制度です。

収入によって変わってきますが、自己負担額は8万円ほどになります。

ということは、大部屋に入院するのであれば、入院日額5000円程度の保険で充分カバーできるということになります。

では、がんへの備えは、どのように考えればよいのか?

そのポイントは大きく2つあります。

まず、がん診断給付金がおりる保険なのか、チェックしてみてください。

保険適用の治療は多くありますが、1か月でかかる薬代は数万円になる方もいます。
最初に給付金を受取ることができれば、治療代や移動でかかる交通費などに使うことができますね。

また、がん診断給付金は、1回だけ受取れるものや、再発や転移が見つかった時に複数回受取れるものもあります。

複数回受取れる場合は、1年に1回支給なのか、2年に1回支給なのかも要チェックです。

この給付金の内容が、意外に盲点だったりするので、確認しておいてくださいね。^^

2つめは、先進医療特約です。

がんになった時に、先進医療を受けるか選べる状況にしたいのであれば、先進医療特約は選択肢に入ります。

先進医療には、陽子線治療や重粒子線治療などがあります。

たとえば、重粒子線治療だと、どのくらい治療費がかかるかご存じですか?

なんと、300万円もかかります。

それに保険適用外なので、自費になってしまいます。

がんになった時に、先進医療を受ける選択肢を持っておきたいのであれば、先進医療特約をつけてもよいかもしれませんね。

このように保険を選ぶポイントが分かってくると、ご自身にとって必要な保険が分かってきますね。

医療保険とがん保険がセットで、月5000円以内の保険料で、このような保障が充実したものは多くでています。

保険で備えておき、あとは、貯蓄でしっかり貯めておけば、どのような時も安心です。^^

 

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加