個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)と個人年金保険、どちらがおトクなの?

こんにちは、木村久美です。老後資金を貯めていく方法の1つとして、個人年金保険があります。

しかし、今月から、各保険会社が大幅に利率を下げてきています。

先月までは、1%程度あったのが、今は0.2%ほどしかありません。

それでも、利用している銀行預金よりは、まだ利率が良いほうだとお感じになるかもしれません。

このような状況の中、注目が集まっているのが、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)というものです。

イデコは、お金を増やしながら、税金まで安くできる、ハイブリッドな年金制度です。

個人年金とイデコをくらべた場合、どちらも節税ができるという点は同じです。

しかし、節税のおトク度がぜんぜん違ってきます。^^

たとえば、月1万円で積立てをするとしましょう。

収入にもよりますが、個人年金保険だと、年間で4800円以上税金が戻ってきます。

これがイデコだと、最低でも、1万8000円税金が戻ってくることになります。

1万円以上、イデコがおトクになりますね~。

イデコの中身は、定期預金、個人年金、投資信託から選択することができます。

ここでイデコの個人年金を選ぶと、普通の個人年金よりも、戻ってくる税金の分だけおトクに増やせる、というわけです。^^

あなたもイデコで効率的に貯蓄を増やしていきませんか?