定期預金で70万円トクする貯蓄術

こんばんは、木村久美です。ふだんどんな方法でお金を貯めていらっしゃいますか?

定期預金を利用しています、という方は多いのではないでしょうか。^^

仮に、月2万円の定期積立を20年続ければ、480万円になります。

自動引落しにしておけば、「気づけばいつのまにか貯まっていた」となってくれますね。^^

実は、定期預金で、もっとお金を増やす方法があります。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)です。

名前に年金と入っているので何となくお分かりになると思いますが、老後資金向けの貯蓄法です。

60歳まで引き出せないという制約はありますが、一方で、こんなメリットがありますよ。

積み立てた分だけ、税金を安くすることができます。

ご収入により異なりますが、最低でも、15%の税金がおトクになります。

さきほどの例で税金がいくら安くなるかというと、

72万円です。

かなりおトクですよね~。^^

ふつうに定期預金を使うか、イデコの定期預金を使うかで、全然違ってくるのです。

「じゃあ、さっそく最寄りの銀行で始めようかな♪」

と思われた方は、ちょっとお待ちくださいね。^^

イデコは、最寄りの金融機関でないほうがいいケースもあります。

理由はいくつかありますが、ひとつが手数料です。

実は、金融機関によって、イデコの手数料がずいぶんと違うのです。

安いところと高いところでは3倍以上も違います。

手数料は積み立てるお金から引かれるわけです。

そうなると、当然、安いほうがいいですよね。^^

ではどの金融機関の手数料が安いのか?

その答えはこちらに書いてありますよ。