○○銀行の個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)ってどう思いますか?

こんにちは、木村久美です。周りから個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の評判を聞き、興味を持つ方が増えています。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始めようと思った時に、普段利用している銀行を検討される方は結構いらっしゃいます。

管理が楽そうなイメージがあるのかもしれません。

しかし、実は、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)はどの金融機関を利用するかで、将来受取れる資産にずいぶんと差がでます。

では、普段利用している銀行を選ぶべきかどうか?

チェックすべきポイントについてお話しますね。^^

そのポイントは、手数料です。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)には、

・運営管理手数料
・信託報酬

という手数料がかかります。

運営管理手数料というのは、金融機関に支払うものです。

たとえば、福岡銀行を例にみてみましょう。

福岡銀行の運営管理手数料は、年5184円です。

ところが、ある金融機関だと、これがゼロ円になります。

つまり20年続けると10万円もの差が生まれるわけです。

そして、もうひとつ、信託報酬というものがありましたね。

これは、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で積立をしている間に引かれる手数料のことです。

福岡銀行の商品ラインナップを見てみました。

日本株式の場合、もっとも安い信託報酬は、0.5%ほどです。

一方、別の金融機関だと、0.2%以下のものもあります。

手数料を半分以下に抑えることができるわけです。

最初は、積立たお金があまり貯まっていないので、それほど気にならないかもしれません。

しかし、資産が増えるにつれ、コストが大きな影響を及ぼすことになります。

そのため、どの金融機関で、どの商品を選ぶのか、最初が肝心だということです。

検討されている金融機関が候補になるのかどうか、

・運営管理手数料
・信託報酬

を基準に選んでみてくださいね。

とはいえ、「ほかにも金融機関を比較してみたいけど、たくさんありすぎてよく分かりません、、。」という方がいらっしゃるかもしれません。

その場合はこちらでお手伝いさせていただいております。

もっとも最適な金融機関が、すぐに、分かるようになりますよ。

イデコでお得な貯蓄が始められるようになります。^^

株式会社 鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする