個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で保育園の保育料が安くなる!?

こんにちは、木村久美です。ここ数年で加入者が一気に増えています。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)。

2年前に比べると、なんと、3倍以上に増えています。

イデコの最大のメリット、それは、税金がおトクになるということです。

最低でも掛け金の15%の税金が戻ってきます。

さらに、保育園の保育料が安くなるケースもあります。

保育料の算定は、住民税をいくら納めているのかで決まります。

なので住民税を減らして、1階層下の区分に入ることができれば、保育料が安くなるということです。

たとえば、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で月2万円積立てると、住民税が2万4千円減ります。

住民税が減り、1つ下の区分に変わると、保育料が月3千円ほど安くなることがあります。

保育料が安くなり、節税できて、老後資金も増やすことができる!

これが個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の人気の理由です。^^

イデコをはじめる前に押さえるべきポイントをこちらに分かりやすくまとめていますよ。

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする