個人年金保険を解約し、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始める人が増えているワケ

こんにちは、木村久美です。保険に加入している方は、そろそろ控除証明書が届く頃ではないでしょうか。

年末調整のときに提出すれば、税金が戻ってきますよね。

たとえば、個人年金保険で、月2万円の保険料を払っている場合。

課税所得が350万円の場合、税金が10800円もどってきます。

年末は何かと出費が多い時期です。

そのような時に1万円あると助かりますよね。^^

同じように税金が戻ってくる制度が、もうひとつあります。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)、というものです。

では個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)だと、いくら税金が戻ってくるのでしょうか?

3万6千円です。

10年続けると、36万円の税金が戻ってきます。

個人年金保険だと10万8千円です。

つまり10年で25万円もの差が生まれるということになります。

そのため、

「こんなにお得になるのなら、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始めないともったいない!」

と個人年金保険を解約する方が増えているというわけです。

イデコをはじめる前に押さえておくべきポイントを、こちらに分かりやすくまとめていますよ。^^