56歳から個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始めるのは遅いでしょうか?

こんにちは、木村久美です。お金を増やしながら、税金までおトクにできる個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)。

加入者数が毎月4万人ベースで増え続けています。

そんな大人気の個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)ですが、加入年齢が60歳までと決められています。

すると「私だと加入年数が少ないのでは」とお感じになる50代の方もいらっしゃるようです。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を検討されている方から、このようなご質問をいただきました。

会社員です。

投資信託で積立をして、できるだけ老後に向けて増やしておきたいと考えています。

しかし今56歳です。イデコで積立できるのは、あと4年しかありません。

今からイデコに加入してメリットはあるのでしょうか?

結論から言うとメリットはちゃんとあります。^^

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で積立(拠出)することで、大きな節税メリットを得ることができます。

仮に、月2万円拠出する場合、最低でも3万6千円税金を安くすることができます。

つまり4年間で14万4千円も安くなるということです。

かなりおトクですよね。^^

それから投資信託で増やしていきたいということですね。

実は、投資信託には、収益が安定してくると言われる年数があります。

およそ10年です。

10年に満たない場合は元本割れする可能性が高くなります。

なので、投資信託を利用する場合は、66歳以降の受取りを検討されるとよいと思います。

ちなみに、イデコは、加入期間が4年の場合、受取開始は63歳からと定められています。

63歳からすぐに受け取りたい場合、イデコの運用期間は7年になるわけですよね。

その際は、投資信託ではなく、定期預金を選ばれるといいということになります。^^

話をまとめるとこのようになります。

・66歳以前に受け取りたい場合は、定期預金
・66歳以降に受け取りたい場合は、投資信託

いつ受取りたいのか?で考えると、イデコをじょうずに活用できるのではないでしょうか。

「投資信託は初心者なんです」という方もご安心ください。

ある4つの鉄則さえ理解できれば、どなたでも効率良く増やすことが可能ですよ。

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする