56歳から個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始めるのは遅いでしょうか?

こんにちは、木村久美です。お金を増やしながら、税金までおトクにできる個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)。

加入者数が毎月4万人ベースで増え続けています。

その個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)について、ある女性の方からこのようなご質問をいただきました。

イデコは60歳までしか加入できませんよね。

今56歳で、あと4年しかありません。

投資信託で積立をしようと思っていますがどう思われますか?

おっしゃるように、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は60歳までしか加入ができません。

また、60歳までの加入期間が4年の場合、受取が開始できるのは、63歳からになります。

言い換えると、最短でも7年運用することができる、ということです。

ただ、63歳で受取りたい場合は、投資信託はおすすめしません。

なぜなら、7年だと、元本割れする可能性があるからです。

投資信託の収益が安定してくるのは、10年を超えたあたりからと言われています。

なので、この場合は、元本保証の定期預金を選ばれるといいですよ。^^

もし、受取が66歳以降でよろしければ、投資信託で効率良く増やしていくことが可能です。

このように、いつ受取りたいのか?で判断してみてくださいね。

投資信託で着実に増やしていきたいならこの方法が近道ですよ。