話題の個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)!定期預金を選ぶと損するのでしょうか?

こんにちは、木村久美です。老後の備えとして注目されているのが、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)です。

イデコは、主に3つの金融商品から選ぶことができます。

定期預金、個人年金保険、投資信託です。

金利が低くても元本保証がいい場合は、定期預金を選ぶことになります。

その定期預金について、37歳女性の方よりご質問をいただきました。

毎月1万円、イデコで積立てをしようと思っています。

イデコは、口座管理手数料がかかりますよね?

定期預金自体は元本保証でも、手数料が引かれるということは、結局はマイナスになるんじゃないですか?

おっしゃるように、イデコは口座管理手数料というものがかかります。

金融機関によって異なりますが、安いところだと、年間2千円ほどです。

たしかに、積立てるお金から2千円引かれたら、マイナスですよね。

しかし、イデコは、掛け金に応じて税金が戻ってくるという特徴があります。

では、いったい税金がどのくらい戻ってくるのか検証してみましょう。^^

たとえば、課税所得が400万円だとしますね。

すると、3万6千円も税金が安くなる計算になります。

口座管理手数料で2千円引かれたとしても、税金の戻り分で、3万4千円プラスと考えることができるわけです。

とってもお得ですよね。^^

また、貯蓄は、いつまでに、いくら必要なのかを押さえておくことがとても大切です。

イデコでお金が引き出せるようになるのは、60歳以降になります。

その時に、定期預金で目標額に届きそうであれば、問題ありません。

しかし、そうでない場合は、ほかの金融商品も検討することになります。

イデコは、主に3つの金融商品があるということでしたね。

・定期預金
・個人年金保険
・投資信託

この中でもっとも効率良く増やせるのは、投資信託です。

ただ、投資なのでリスクが怖い、と思われるかもしれません。

でも、ご安心くださいね。^^

ちゃんとリスクをコントロールできる方法があります。

これが分かれば、安心して投資信託を選択できるようになりますよ。

投資信託のキホンは、こちらでサクッと勉強できますよ。^^

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする