「今の世の中、定期預金よりイデコがいい」と銀行からすすめられました。利用したほうがいいですか?

こんにちは、木村久美です。積立てをしようと銀行に行くと、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)をすすめられることがあります。

「老後資金で貯めるなら、定期預金よりもお得に貯められますよ。」

という感じです。

では、銀行からすすめられた時に、いったいどう判断したらよいのか?

31歳の女性会社員の方から、このようなご質問がありました。

先日、定期預金で積立をしようと思って銀行に行きました。

年金があまりもらえないという話も聞くので、ちょっと貯めてみようかなと思ってます。

そのように銀行に話すと、イデコというものを勧められました。

今の世の中を考えると、定期預金よりイデコがいいとのことで、、。

月5千円か1万くらいで考えてます。

利用したほうがいいのでしょうか??

 

銀行の方がおっしゃるように、老後資金として貯めるなら、イデコはおすすめですよ。

なぜなら、貯めながら税金を安くすることができるからです。

仮に、課税所得が300万円だとしましょう。

毎月1万円ずつ積立てた場合、所得税と住民税が2万4千円安くなります。

10年続けると24万円、20年だと48万円も税金がおトクになります。

それから、イデコは、60歳まで引き出すことができません。

しかし、年に1回(4月から翌年3月まで)積立額を変更することができます。

そのため、生活に応じて、無理なく積立を続けることができますよ。

ただ、イデコを始める前に!

ここをチェックしてみてください。^^

運営管理手数料というものです。

実は、運営管理手数料は、金融機関によってずいぶん違います。

年間で5千円以上するところがあれば、ゼロ円のところもあります。

運営管理手数料は、積立てたお金から引かれる手数料です。

そう考えると、手数料は、当然低いほうがいいですよね。^^

つまり、金融機関選びはとても重要、ということです。

ほかにも、イデコで効率良く増やすポイントがあります。

知っているのとそうでないのとでは、将来大きな差がうまれますよ。

 

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加