外貨預金は安全だと思っていませんか?

こんばんは、木村久美です。セミナーやオフ会でよく聞かれるのが、

「外貨預金を持ってますが、どう思われますか?」

というものです。

円だとほとんど増えないので、ドルなどの外貨を取り入れる方が増えているようです。

しかし結論からいうと、外貨預金は非常にリスクが高いです。

理由は、主に2つあります。

まず1つめは、預金保険制度の対象外ということです。

もし金融機関が破たんしてしまったら、預けているお金が戻らない可能性があります。

円預金だと1000万円とその利息まで守られるのですが、外貨預金には、残念ながら、そのような制度がありません。

2つめは、満期を迎えたときに、いくら受取れるか分からないということです。

円安であればお金は増えてくれますが、円高だと大きくマイナスになる可能性もあります。

為替は、たとえば、ある大統領の一声だったり、世界情勢の変化、そして災害などで、すぐに変動します。

そうなると、プロでさえ、予測することは難しくなります。

つまり外貨預金はギャンブルなのです。

ただ外貨は円に比べて金利が高いので、資産に組み入れるのは有です。

では、外貨でリスクを抑えることが可能な方法ってあるのでしょうか?

ご安心ください。ちゃんとありますよ。^^

それは投資信託というものです。

投資信託であれば、金融機関が破たんしたとしても、預けた資産は全額守られます。

法律上、きちんと管理されるように義務づけられているのです。

それをセミナーなどでお話すると、初耳です!という方が結構いらっしゃいます。

また、投資信託は、ドルだけでなく、たくさんの外貨を組み入れることができます。

たとえば、100円で、ドルやユーロ、フランなどの外貨を買うことだってできるのです。

より多くの外貨をもつことで、リスクの分散が可能になるわけです。

今回お話した以外に、リスクを抑えるポイントが、あと3つあります。

それが分かれば、あなたも外貨で効率良くお金が増やせるようになりますよ。^^

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする