定期預金から投資信託へ。50歳会社経営の女性の方が156万5216円の利益です。

こんばんは、木村久美です。会社経営をされている50歳女性の方の運用事例です。

当事務所へコンサルにお越しになったのは、1年ほど前のことです。

定期預金が満期を迎えたので、有効活用されたいとのことでした。

その満期のお金の一部、900万円を投資信託にまわしました。

さらに月5万円の積立も始めました。

これまでの投資総額は945万5000円です。

それが現在、1069万7280円に増えてくれています。

124万2280円の利益です。

それから、ご主人とお子さんも投資信託をスタートされています。

投資した金額は、それぞれ120万円です。

なぜ120万円かというと、NISAの非課税メリットを最大限に活かしたい、という理由からです。^^

それが今、136万1468円に増えてくれています。

16万1468円のプラスです。

ご主人と娘さんの分を合計すると、32万2936円の利益です。

家族で合計すると、156万5216円もプラスになっています。

なぜこのように増やすことができているのか?

決して難しいことをしているわけではありません。

こちらに書いてあることをそのまま実践しているだけです。^^