不妊治療をしていく中で将来のお金のことが不安になったら?

こんばんは、木村久美です。不妊治療は、色々と費用がかかりますよね。

その中、初めの頃にかかる検査や治療は、健康保険が使えることが多いです。

しかし、その後の人工授精や体外受精、顕微授精になると、全額自己負担になってしまいます。

年間で100万円以上の治療代を払っている、という方もいます。

そうなると、経済的負担はかなり大きいですよね。

貯蓄が減っていくと、このような気持ちになられる方もいらっしゃいます。

「子どもが産まれてからのお金は大丈夫なんだろうか」と。

貯蓄の残高が減っていくのを見ると、先のことも不安になってきますよね。

実は、私も同じ経験をしました。

以前、3度の不妊治療を受けたことがあります。

私も貯蓄がみるみるうちに減っていきました。

でも、授かるためなら、と不安になりながらも、その「時」のお金を惜しみたくないわけです。

なので、治療を続けていらっしゃる方のお気持ちがよく分かります。

でもご安心くださいね。

これから先のお金は、めでたくご懐妊となり、出産後に考えても遅くはありませんよ。^^

赤ちゃんとの生活は、ご収入からやりくりできる範囲です。

医療費も、乳幼児医療費助成制度があるので、ほとんどかかりませんよ。

ここで計画的に貯めておきたいのは、お子さんの教育資金になります。

そこもご安心くださいね。^^

効率的に貯めれる方法は、ちゃんとあります。

その知識を備えておけば、安心して治療に専念いただくことができますよ。^^

 

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加