明治安田生命のエブリバディプラスを銀行にすすめられました。口コミや評判はどうなんですか?

こんにちは、木村久美です。最近、ドル建て保険のご相談をされる方が増えています。

たとえば、明治安田生命のエブリバディプラス、という保険についてのご相談です。

「定期預金より利率が高いので増えてくれますよ。」

とすすめられる方が多いようですね。

でもどんな商品なのかイマイチよく分からない、、このような状態で契約してはいけません。

あなたの大切な資産を預けるわけですからね。^^

エブリバディプラスがどんな商品なのか?

契約する前に、メリットデメリットをしっかり確認しておきましょう。

エブリバディプラスは、契約したときの予定利率が10年間保証されます。

現在の予定利率は、米ドルで3.70%です。


https://www.meijiyasuda.co.jp/window/fc-everybodyplus/rate/

10年後、さらに予定利率が上がっていれば、その利率がもう10年続いてくれます。

円よりも高い利率で運用できるので魅力的ですよね。^^

しかし、10年以内に解約する場合は注意が必要です。

市場価格調整というものが発生します。

市場金利によって、解約返戻金が増えたり減ったりしますよ、というものです。

契約した時よりも、解約したときの金利が低いと、解約返戻金は増えます。

逆に、解約したときの金利が高いと、解約返戻金は減ります。

つまり、解約する時の金利が高ければ、基本保険金額を下回る可能性があるわけです。

パンフレットにもこのように記載されています。


https://www.meijiyasuda.co.jp/window/fc-everybodyplus/dbook18_apr/index.html#target/page_no=9

ただ、一時的に市場価格調整がかからない期間はあります。

契約日から9年11か月~10年の、1か月間です。

この期間に解約すれば、市場価格調整はかかりません。

「じゃあ10年を目安に運用を続ければいいのね。」

と思うかもしれません。

しかし、あくまでもドルで運用される商品です。

10年後が円安なのか、円高なのかは、誰にも予測できません。

受け取るときに増えていることもあれば、予想以上に減っていた、という可能性もあるわけです。

さらにもう一つ、チェックしておくべきことがあります。

それは手数料です。

エブリバディプラスは、契約時に、初期費用がかかります。

3.8%です。

仮に、1000万円で契約すると、38万円の手数料が引かれるということです。

つまり、962万円の元本割れからスタートするわけです。

38万円を取り戻すだけでも、余計な時間がかかってしまいますよね。

あるいは、手数料ゼロ円で着実に増やしたいなら、こんな方法もあります。

投資信託を利用するという方法です。

投資信託だと、初期費用ゼロ円で購入することができます。

また運用中の手数料を抑えることも可能です。

投資信託だと0.2%ほどのものがあります。

それに対し、エブリバディプラスは、0.43%以上です。

同じ債券で運用しているにもかかわらず、その差は倍以上になるわけです。

手数料が低ければ低いほど、あなたの手取りは増えてくれます。

となれば、お金を増やしたいならどちらが合理的なのか?

その答えは自然と見つかるのではないでしょうか。

投資信託を上手に活用する方法は、こちらに分かりやすくまとめていますよ。^^

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする