ネットで学資保険は勧めないという記事を見ました

こんにちは。木村 久美です。

インターネットで、学資保険は勧めない、という記事をご覧になった方からのご質問です。

どうして、学資保険は勧めない、と言われてるんでしょうか?

記事を見てもよく分からなくて。

積立するには、銀行よりも利率は良いと思うのですが?

今、老後資金は投資信託で運用しています。

しかし、教育資金もすべて運用となると、家計内のリスク度が上がりそうな気がしています。

 

確かに、学資保険は、銀行よりも利率は良いですね。

良いところだと、返戻率が110%の学資保険があります。

100万円預けたら、110万円に増えてくれるということです。

しかし、110万円以上に増えてくれることはない、とも言えます。

また、今、国が進めている物価上昇率は、2%です。

仮に、現在の授業料が100万円で、2%ずつ物価が上がっていったとしますね。

すると、18年後に142万円になっていないといけません。

しかし、32万円も足りませんね。

そうなると、この保険の返戻率では、授業料の値上がりに追いついていけない、ということになります。

また、保険会社の破たんリスクもあります。

その時に戻ってくるお金は、100万円だったものが、90万円になる可能性もある、ということです。

このようなリスクをご理解いただいた上で、利用されるのはよいかもしれません。

老後資金は、運用でご準備なさっているようですね。

投資信託で上手に運用できると、6%で増やしていくことも可能です。

100万円が、18年後に285万円ほどになってくれるということです。

学資保険も運用商品も、それぞれリスクはあります。

その中で、たとえば、学資保険と運用を併用するのも1つの方法かもしれません。

目標とする教育資金に足りないようであれば、運用の一部を引き出し、残りはそのまま増やしていくこともできますね。

リスクをどこまで許容できるかによって、選ばれてみてはいかがでしょうか。^^

学資保険と投資信託、あなたはどちらで増やしていきますか

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加