子供の学資保険、ホントに必要ですか?

こんにちは。木村 久美です。

「子供が生まれたので、学資保険に入らなきゃ。」という会話を耳にすることがあります。

学資保険は、払い込む保険料より受け取る金額が増えてくれるのが、メリットの1つですよね。^^

一番返戻率が高いもので110%ほどの保険があります。

たとえば、人気のある学資保険に、明治安田生命のつみたて学資があります。

ホームページの試算によると、毎月1万5千円、総額270万円の積立で、15年後に300万円受け取れるようです。

この返戻率、あなたは高いと思いますか?

いま国が進めている物価上昇率は、どれくらいでしょうか。

2%です。

仮に、この2%で積み立てた場合、15年後に315万円になります。

ということは、学資保険の返戻率では、物価上昇に追いつけない、ということになりますよね。

では、教育費を効率良く貯めていくには、どのような方法があるでしょうか?

それは、ジュニアNISAです。

ジュニアNISAで同じように積み立てた場合、6%の運用で、430万円になってくれます。

すべて非課税なので、利益160万円もまるごと受け取ることができますよ。

ジュニアNISAも、一般の投資信託も、運用の考え方は同じです。

その考え方が分かると、老後資金など他の貯蓄にも応用できることにもなります。^^

あなたも、インフレにも対応できるジュニアNISA、はじめてみませんか?