子供の学資保険を相談したら、終身保険RISEを提案されました。

おはようございます、木村久美です。教育資金の相談で保険ショップでいくと、学資保険より終身保険をすすめられることがあります。

子供の学資保険を保険ショップに相談したら、終身保険RISEを提案されました。

月1万円の支払いで、18年後の返戻率は106%だそうです。

死亡保障として300万円もついています。

教育資金が目的ですけど、主人の死亡保険として葬儀代程度が出るのが大きいなと思っています。

こういった保険で積立するのって、どう思われますか??

 

たしかに、終身保険RISEは、学資保険よりも返戻率が高めです。

教育資金は、少しでも増やせる方法で貯めていきたいものですよね。^^

しかし、ご主人が万一のときに、300万円をお葬式代として使ってしまって本当に大丈夫ですか?

そうなれば、お子さまのための教育資金を失ってしまうことになりますよね。

また、保険会社には破たんリスクがあります。

たとえば、8年ほど前に大和生命が破たんした事例があります。

その時の貯蓄型保険は、どうなったと思いますか?

なんと、40%も削減されてしまいました。

保険で積立をするということは、このようなリスクもついてくる、というわけです。

いつどこで起こるか分からない、大きなリスクだと思いませんか

では逆に、リスクを自分でうまくコントロールできる貯蓄方法ってあるのでしょうか?

はい、実際にあります。^^

それも、終身保険RISEよりも増えてくれる方法です。

あなたも、リスクを上手にコントロールしながら、このように効率良く増やすことができるようになりますよ。^^

 

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加