外貨建て保険の見落としがちなリスクとは?

おはようございます、木村久美です。先週の日経新聞に、このような記事が書かれていました。

退職金などのまとまったお金で、米ドルなどの外貨建て保険を契約する人が増えている、と。

為替が円安になるタイミングで解約すれば、収益を期待することはできます。

一方、外貨建て保険には、見落としがちなリスクというものもあります。

新聞では、具体的な3つの商品名をあげ、そのリスクについてまとめられていました。


https://r.nikkei.com/article/DGKKZO37573130Z01C18A1PPD000?type=my#IAAUAgAAMA

・明治安田生命保険「エブリバディプラス」
・三井住友海上プライマリー生命保険「しあわせ、ずっと」
・日本生命保険「ロングドリームGOLD2」

外貨建て保険の見落としがちなリスクは、大きく2つあります。

1つはコストです。

たとえば、商品によっては、初期費用がかかるものがあります。

明治安田生命保険「エブリバディプラス」だと、3.8%かかります。

1000万円で契約すると、いきなり38万円もの手数料が引かれることになるわけです。

このコストが高いのか、低いのか、分からない方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、効率良く貯める方法がわかってくると、このコストが高いということに気づきます。

そして2つめは、金利の影響というものです。

中途解約したときに、その時々の金利の影響を受ける場合があります。

たとえば、契約したときよりも金利が下がっていると、受取れるお金は増えます。

逆に、金利が上がっていると、受取れるお金が減るということです。

将来の金利がどう動くかは、誰にも予測することができません。

このようなリスクを理解した上で利用することが大切だ、ということになります。

それぞれの商品のリスクをもっと具体的に知りたいという方は、こちらで読むこともできますよ。^^

・明治安田生命保険「エブリバディプラス」
・三井住友海上プライマリー生命保険「しあわせ、ずっと」
・日本生命保険「ロングドリームGOLD」