銀行でドル建て保険をすすめられました。マスミューチュアル生命の終身保険プレミアム(無告知型)の評判ってどうなんですか?

こんにちは、木村久美です。円よりドルのほうが増えてくれますよ、とドル建て保険をすすめられ、契約される方が急増しています。

ドルのほうが金利が高いので、魅力的ですよね。ただ、

「お金を増やしたいと思い契約したものの、ほんとにこの商品を選んでよかったのでしょうか?」

というご相談も増えてきております。

なかでも最近多いのが、「マスミューチュアル生命の終身保険プレミアム(無告知型)」です。

いったいどんな特徴のある保険なのか?詳しく検証していきましょう。^^


https://www.massmutual.co.jp/product/pamphlet/premium-n_usd-aud.pdf

この保険のメリットは大きく3つあります。

1つめは、健康状態の告知が不要だということです。

持病持ちの方も、告知なしで加入することが可能になります。

2つめは、契約から5年経過すると、保険金額が大きく増加してくれます。

長い期間をかけて増やしたい方に向いているといえます。

3つめは、目標額に到達したときに、円建て終身保険に移行してくれる特約があります。

自動で移行してくれるので、毎日為替のチェックをする必要がありません。

健康告知が不要、ドルで増えて、自動で円で受け取ることができる、これが終身保険プレミアム(無告知型)のメリットです。

あと、お金を増やしたいのであれば、こちらもチェックしておきましょう。

予定利率でちゃんと増えてくれるのかどうか、ということです。

パンフレットの解約返戻金の欄、あるいは設計書をご覧いただくと分かりますよ。

今回は、パンフレットの解約返戻金をもとにお話いたしますね。

契約年齢50歳、女性の例でみていきます。

一時払保険料10万米ドル、予定利率2.50%となっています。

契約日から6年目~25年目の解約返戻金は、16万4966ドルとなります。

たしかに増えてくれてますよね。

しかし、ここからが重要です。

ちゃんと2.50%で増えているかを確認しておきましょう。

25年運用した場合で計算してみると、このような金額になりました。

18万5300ドルです。

2万ドル以上差がありますね。

円に換算すると220万円ほどになります。

220万円はどこにいったのでしょうか?

この保険は死亡保障もセットになっていましたよね。

死亡保障にかかる経費として差し引かれているわけです。

ということは、お金を純粋に増やしたいなら、保険である必要はないと考えることができます。

じゃあ何を使って増やしていけばよいのか?

そこで候補になるのが、投資信託という金融商品です。

投資信託は外貨を利用することで、効率よく増やすことが可能です。

10年以上続けることで、6%ほどのリターンがえられるといわれています。

すると、25年後には、42万9千ドルほどに増えてくれます。

終身保険プレミアム(無告知型)だと18万5300ドルでした。

ぜんぜん違いますよね。

日頃から、貯蓄と保険は分けたほうがいいですよ、というのはこういうことなのです。

投資信託のことがよく分からない!という場合は、こちらが参考になりますよ。^^