第一フロンティア生命のプレミアカレンシー・プラス2の評判は?メリットデメリットが知りたいです。

こんにちは、木村久美です。銀行から外貨建て保険をすすめられ契約したものの、

「この商品は私に本当に合っていますか?」

と悩み、相談にお越しになる方が増えています。

なかでも最近多いのが、第一フロンティア生命のプレミアカレンシー・プラス2という外貨建て保険です。


http://www.d-frontier-life.co.jp/products/detail.html?product=137&agency=45

この保険は、銀行によって、名称が異なります。

「安心たいこ判2」、「プレミアカレンシーM2」などの名称で販売されているようです。

では、この保険がどんな特徴をもつのか、メリットデメリットについて検証していきましょう。

プレミアカレンシー・プラス2の評価はどうなの?メリットを教えて!

プレミアカレンシー・プラス2は、外貨で増えたお金を、一括あるいは年金として受取ることができる個人年金保険です。

外貨建ては、円より金利が高い分増えてくれるという特徴があります。

円預金だとほとんど増えてくれないので、魅力的ですよね。^^

また、運用期間後は、契約する時に決まっていた年金原資を受取ることができます。

つまり、プレミアカレンシー・プラス2のメリットは、外貨で増やし、計画が立てやすい貯蓄法であるということです。^^

プレミアカレンシー・プラス2のデメリットとは?

プレミアカレンシー・プラス2は、外貨で増えてくれるということでしたね。

ただ、あくまでも外貨ベースのお話です。

外貨で受け取り、留学や海外旅行で使うのであれば問題ありません。

しかし円に換えた場合、受取れる金額がいくらになるのかは、誰にも分かりません。

契約したときよりも円高であれば、受取れるお金が想定より少ない、ということも起こり得るわけです。

また、こちらもきちんと把握しておきましょう。

手数料です。

まず、契約したときに、6.0%の契約時費用が差し引かれます。

仮に1000万円で契約したとしましょう。

すると、いきなり60万円が引かれます。

1000万円預けたにも関わらず、940万円からスタートするということです。

60万円を取り戻すだけでも、多くの時間がかかることが想定されますよね。

では、次に、運用期間中の手数料も見てみましょう。

パンフレットには、直接負担していただく費用はない、と書かれています。

しかしよく見てみると、「積立利率計算にあたってあらかじめ差し引いております。」とあります。

どのくらい引かれているのでしょうか?


http://www.d-frontier-life.co.jp/products/index_choice_18.html?product=137&agency=45

米ドルで10年運用した場合、0.64%が経費として引かれているようです。

さらに、為替手数料もかかります。

概算で、9万円ほどの為替手数料が引かれることになります。

詳しく見てみると、さまざまな手数料がかかることがお分かりいただけると思います。

プレミアカレンシー・プラス2は、何で運用されていると思いますか?

アメリカの債券です。

ということは、できるだけ手数料を抑えながら、アメリカの債券が買えればいいわけですよね。

すると投資信託という商品にたどりつきます。

投資信託のなかにはこういった商品もありますよ。

・初期手数料ゼロ円
・運用期間中の費用0.16%ほど
・為替手数料なし

プレミアカレンシー・プラス2と比べると、初期手数料や為替手数料だけでも、70万もの差が生まれます。

70万あったら海外旅行に行くことだって出来てしまいますよね。^^

浮いた分は、まるまるあなたの資産として増やしていくことができるようになります。

このように、ドルを「何で」運用するかで、お金の増え方にずいぶんと差が生まれることが分かりますね。

そもそも保険というのは、万一お亡くなりになった時に、ご家族が困らないように加入するものです。

それに貯蓄機能が加わると、死亡保障で経費がかかってしまう分、どうしても運用効率が悪くなってしまうのです。

そのため、保険と貯蓄は、分けて考えるほうが合理的といえます。

「とはいっても、投資信託はやったことがないし、サッパリ分かりません。」

という方もご安心ください。

実は、まったくの初心者の方でも、無理なくスタートできるしくみに出来ているのです。

こちらに書いてあることをそのまま行うだけなので、とてもカンタンですよ。^^