第一フロンティア生命のプレミアカレンシー・プラス2のメリットデメリットが知りたいです。

こんにちは、木村久美です。銀行から外貨建て保険をすすめられ契約したものの、

「この商品は私に本当に合っていますか?」

と悩み、相談にお越しになる方が増えています。

なかでも最近多いのが、第一フロンティア生命のプレミアカレンシー・プラス2という外貨建て保険です。


http://www.d-frontier-life.co.jp/products/detail.html?product=137&agency=45

この保険は、銀行によって、名称が異なります。

「安心たいこ判2」、「プレミアカレンシーM2」などの名称で販売されているようです。

では、この保険がどんな特徴をもつのか、メリットデメリットについて検証していきましょう。

プレミアカレンシー・プラス2は、外貨で増えたお金を、一括あるいは年金として受取ることができる個人年金保険です。

外貨建ては、円より金利が高い分増えてくれるという特徴があります。

円預金だとほとんど増えてくれないので、魅力的ですよね。^^

また、運用期間後は、契約する時に決まっていた年金原資を受取ることができます。

受取りたい金額が明確になっていると安心感があるのではないでしょうか。

つまり、プレミアカレンシー・プラス2のメリットは、外貨で増やし、計画が立てやすい貯蓄法ということになります。

ただ、あくまでも外貨ベースのお話です。

外貨で受け取り、留学や海外旅行で使うのであれば問題ありません。

しかし円に換えた場合、受取れる金額がいくらになるのかは分かりません。

契約したときよりも円高であれば、受取れるお金が少ない、という可能性もあるわけです。

また、気になるのが、手数料です。

契約したときに、6.0%の契約時費用が差し引かれます。

1000万円で契約したら、いきなり60万円もの手数料が引かれることになります。

では次に、運用期間中をみてみましょう。

パンフレットには、直接負担する費用はないと書いてかれています。

しかしよく見てみると、「積立利率計算にあたってあらかじめ差し引いております。」とあります。

どのくらい引かれているかというと、


http://www.d-frontier-life.co.jp/products/index_choice_18.html?product=137&agency=45

米ドルで10年運用した場合、0.64%が経費として引かれているようです。

さらに、為替手数料もかかります。

概算で、9万円ほどの為替手数料が引かれることになります。

では、プレミアカレンシー・プラス2でなく、アメリカの株や債券に直接投資をしたらどうなるのでしょうか?

・初期手数料が無料
・運用期間中の費用0.16%ほど
・為替手数料なし

という投資信託もあります。

ドルを「何で」運用するのかで、これだけコストが変わってくるということです。

手数料がかからない分は、まるごと運用にまわすことができるようになります。

投資信託で効率よく増やす方法はこちらに分かりやすくまとめていますよ。^^