ドル建て保険の契約者から苦情が増えている理由

こんばんは、木村久美です。最近情報誌でこのような記事をみました。

ドル建て保険を契約した人からの苦情が増えている、と。

円だとちっとも増えてくれませんが、ドルだと円より増える効果が期待できます。

死亡保障もセットになっているので、ふたつの機能をあわせもつことができます。

ではなぜ、今苦情が増えているのでしょうか。

原因のひとつに、「リスクにたいする説明がきちんとなされていない」というものがあります。

しかし、お金が増えるということは、それなりのリスクを持ち合わせているわけです。

ドル建て保険でいうリスクとは、為替になります。

為替リスクについては必ず説明を受けると思います。

ではこの為替リスクがどれくらいのものかお分かりでしょうか。

実は、為替リスクというのは、ものすごく大きいのです。

たった数か月で20%以上変動することだってあります。

もし20%円安になったとしたら、増えてくれるので嬉しいと思います。

では逆に20%円高になったらどうでしょうか?

仮に、ドル建て保険の予定利率が3%だとしても、大きな元本割れとなることが分かりますよね。

そのためドル建て保険を検討するさいは、増えるときだけでなく、マイナスになったときのリスクまできちんと把握しておく必要があります。

それがご理解いただけてないと、いざ受け取るときに慌てることになってしまうのです。

将来いくら受け取れるかわからないというスリルは、多くの方はこの保険に求めていないと思います。

ただ、最初に申し上げたように、外貨で運用することはとても大切です。

ほかに、外貨で増やしながら、リスクも軽減してくれる方法が、ちゃんとあります。

その方法が分かれば、あなたも安心して貯蓄を増やしていくことができるようになりますよ。^^

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする