意外に知らない!?普通預金の弱点とは?

こんばんは、木村久美です。お金を預けようと思ったら、普通預金に預ける方って多いと思います。

その普通預金に弱点があるってご存知ですか?

超低金利なので、全然増えないことはご存じではないかと思います。

そのほかの弱点として、大きく2つあります。

まず1つ目は、預けたお金が全額守られるわけではない、ということです。

ペイオフという言葉、なんとなく聞いたことはありませんか?

銀行が破たんした時に、1000万円とその利息までは保証しますよ、というものです。

逆にいうと、1000万円を超えたお金は戻ってこない可能性があるわけです。

そのため、普通預金にお金を預けるなら、1000万円以内にしておけばよい、ということになりますね。

もうひとつは、インフレに弱い、ということです。

インフレというのは、物価が上がることをいいます。

今、国は、物価を上げていこうとしています。

その目標は、毎年2%ずつの上昇です。

たとえば、3年後に、300万円の車を買うための目標を立てたとしましょう。

普通預金でコツコツ貯めていきます。

しかし、毎年2%ずつインフレが進むと、どうなると思いますか?

3年後には、車の価格は、318万円になっています。

せっかく3年かけて300万円貯めたのに、18万円足りません。

これだと車は買えませんよね。

つまり、インフレによってお金の価値が下がった、ということです。

普通預金にお金を預けるということは、元本保証なので、数字上は保護されています。

しかし、お金の価値までを保証してくれる、ということではないのです。

では、インフレに負けないよう、どう対策を打てばよいのか?

その方法は、こちらを見れば分かりますよ。^^

 

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加