老後への備え、銀行預金だけで安心ですか?

こんばんは、木村久美です。普段、銀行預金を使われている方は多いと思います。

1000万円とその利息まで保証してくれるので、安全といわれています。

ただ、預けていても、ほとんど増えてくれませんよね。

そのため、

「このままで将来大丈夫かな、、。」

と漠然とした不安をかかえられている方は、少なくありません。

では、漠然とした不安を解消するためには、どうしたらよいのでしょうか?

将来どのくらいの備えが必要になるのか、明確な金額をだしてみたらいいですよ。

日経新聞やマネー雑誌などでは、一般的に、3000万円ほどが必要とかかれています。

それは、独身の方も、ご夫婦の方も、同じです。

では、60歳までに3000万円を貯めようと思ったら、毎月いくら積み立てればよいのか?

現在の年齢が、

30歳の方で、月8万3千円
40歳の方で、月12万5千円
50歳の方で、月25万円

の積立ができれば達成できます。

しかし、生活費や交際費、教育費など、日々必要なお金があるわけです。

そう考えると、あまり現実的な金額とはいえないようですよね。

では、ほかにどのような方法があるのでしょうか?

投資信託という方法があります。

投資信託で6%複利運用ができれば、たとえば30歳の方だと、月3万1千円の積立で目標達成となります。

もしボーナスで上乗せすることができれば、月々の積立は、もっと少なくて済みます。

なぜ、投資信託だと、こんなに積立金額が少なくて済むのでしょうか?

それは複利の効果です。

複利というのは、利息が利息を生んで、雪だるま式に増えてくれるという特徴があります。

そのため効率よく増やすことが可能になります。

ちなみに、投資信託は、金融機関が破たんしたとしても、全額守られるしくみになっています。

銀行だと1000万とその利息までしか保証されないんでしたよね。

ということは、3000万円貯めたら、万一のことを考え、3つの銀行に預けないといけません。

おじいちゃんおばあちゃんになった時に3つの銀行をまわるって、ちょっと面倒そうなイメージありませんか?

投資信託だと全額保証されるので、そのような心配がありませんね。^^

あなたも不安を安心にかえる貯蓄をスタートしませんか?