アクサ生命アップサイドプラスのメリット、デメリットを教えてください

こんばんは、木村久美です。貯蓄を増やしたい、と銀行の窓口に相談に行くと、このような商品をすすめられることがあります。

アクサ生命のアップサイドプラス、というものです。

この商品は、アメリカやオーストラリアの外貨建てで運用されます。

銀行の定期預金では、今なかなか増えませんよね。

そのため、外貨建てのアップサイドプラスをすすめられている、という方が増えてきています。

先日銀行に行った時に、資産運用にと、アクサ生命のアップサイドプラスを勧められました。

円建てにすれば為替の影響は受けない、運用期間の最長20年後には、110%保証されてるのでマイナスになることはない、と言われました。

良いことしか言われないので逆に不安です。

この保険のメリットデメリットを教えてください。

よろしくお願いします。

 

アクサ生命のアップサイドプラスは、おっしゃるように、110%最低保証されています。

200万円で一時払いした場合、220万円になるということです。

20万円ほどの利益がほしいということでしたら、アップサイドプラスは選択肢に入るのではないでしょうか。

しかし、このようなデメリットもあります。

パンフレットを見てみると、契約初期費用が、8.5%と書かれていませんか?

仮に、アップサイドプラスに、200万円の一時払いで申し込んだとしましょう。

すると、いきなり17万円も引かれてしまいます。

この大きなマイナスを取り戻すだけでも、数年かかってしまいます。

もし、外貨で運用したいのであれば、投資信託という方法もありますよ。

アメリカやオーストラリアを対象にした投資信託で、初期費用がゼロ円のものもあります。

これを、ノーロード投資信託、といいます。

資産運用が目的であれば、純粋に、投資信託で運用するほうが効率的ではないでしょうか。

投資信託がまったく初めてです!という場合も、ご安心ください。^^

こちらに書いてある効率の良い貯蓄の仕方を、そのまま実践していくだけですよ。

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加