アクサ生命のユニットリンク、メリットデメリットが知りたいです。

こんにちは、木村 久美です。お金を増やしたいと相談に行ったら、このような保険をすすめられた、という方が増えてきています。

アクサ生命のユニットリンクです。

運用によって、将来受取るお金が変動するタイプの保険です。

銀行の定期預金ではほとんど増えてくれませんので、こういった運用商品をすすめられるケースが増えているというわけです。

ある30代のご夫婦から、このようなご相談がありました。

主人が、アクサ生命のユニットリンクに加入するか迷っています。

長期で加入すれば、リターンが7%以上になり上手くいくと言われました。

でもこんなイイ話ってあるのかと、逆に不安になります。

それに、投資信託をしたこともありません。

旦那は、どうせやるならハイリスクハイリターンであっても、株100%でしたいと言います。

でも私はそれが怖くて、株と債券は、6対4くらいでいきたいんです。

ふと思ったのが、掛け捨ての安い生命保険にして、投資信託だけアクサ生命というのは出来ますか??

あと、ソニー生命も変額年金というのがあります。

2つの違いや、メリットデメリットも教えてほしいです。

 

超低金利で銀行預金がほとんど増えない中、運用7%と聞くと、魅力的に感じますよね。

アクサ生命のユニットリンクは、死亡保証と貯蓄の2つの機能を兼ね備えた保険です。

そのため、どちらの保障も必要という方には向いている保険です。

実は、ユニットリンクの7%というのは、かけ離れた数字というわけではないんですよ。^^

ユニットリンクの貯蓄部分は、投資信託で運用されています。

一般的に、投資信託で長期で運用を続けると、6〜7%ほどのリターンが得られるといわれています。

どのくらい長期かというと、10年以上が目安になります。

ご主人は、株100%の運用をご希望ですよね。

では、株100%で運用した場合の過去の事例を見てみましょう。

2008年に、リーマンショックという、100年に1度の金融危機と言われる時期がありました。

そのとき、株価が大暴落したんです。

当時株だけを持っていた人は、どうなったと思いますか?

なんと、資産が6割もマイナスになった人もいます。

もし1000万円の株を持っていたら、400万円まで減ってしまうということです。

普通、耐えられないですよね。

しかし、ここで債券を含め、分散投資を続けた人は、結果的に資産が大きく増えています。

なので奥さまの、株と債券が6対4というのは、良いバランスだと思いますよ。^^

ユニットリンクは、死亡保障と貯蓄の機能がついているということでしたよね。

もし貯蓄メインでお考えの場合は、保険料の中に死亡保障が組まれているため、貯蓄の効率が悪くなってしまうというデメリットがあります。

ということは、純粋に、投資信託を利用すれば効率よく増える、と考えることができるのではないでしょうか。

ユニットリンクは、投資信託のみで利用することはできません。

ソニー生命も同様です。

そのため、証券会社で投資信託を利用するということになります。

すると、お金が増えるだけでなく、このようなメリットもあります。

お金が必要になった時は、いつでも引き出すことができます。

また、一部を引き出しながら、そのまま運用を続けて増やしていくことも可能ですよ。

一部解約などのペナルティの心配がないので、安心して貯蓄を続けることができます。

運用が初めてという場合もご安心ください。^^

今はまったく知識がなくても、きちんと理解できたうえで投資信託をスタートできるようになりますよ。^^

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加