企業型確定拠出年金で13万7074円の利益がでている運用事例

こんばんは、木村久美です。企業型確定拠出年金で利益がでている、会社経営者の方の事例です。

ご自身の会社に、企業型の確定拠出年金を導入されていらっしゃいます。

ただ、その運用の仕方をよくご存じでないとのことでしたので、1年ほど前に、当事務所にて見直しを行いました。

拠出総額は33万6000円です。

見直しをした結果、現在、47万3074円に増えてくれています。

13万7074円の利益です。

経営者の方が運用方法を理解できていれば、従業員さんにもお伝えすることができますね。^^

さて、企業型確定拠出年金が導入されている会社の従業員さんからも、

「商品ラインナップを見ても、どれを選べばよいのかよく分からない。」

という話をよくお聞きします。

運用をしたことがない方からすると、いきなり

「さぁ、この中から選びましょう!」

と言われても、どう対処したらよいのか分からないのが当然だと思います。

しかし、

デフォルトの定期預金のままで放置するのか?

なんとなくで商品を選ぶのか?

運用方法を理解した上で投資をするのか?

では、将来受取るお金にずいぶんと差が生まれます。

といっても、難しいことを何日もかけて勉強する必要はありませんよ。^^

たった半日でマスターできる方法があります。

それが、2月24日(土)に大阪で開催する、

「知識ゼロでも資産運用が始められる!賢く増やす貯蓄セミナー」

です。

受講後には、すぐに実行に移していただけるようになりますよ。

お席は、残り4席となりました。お急ぎくださいませ。^^